広報よしわら 昭和41年11月に富士市と鷹岡町と合併した吉原市広報紙の全記録

昭和37年 9月1日発行 内容

台風をさぐる

巨大な雲の渦巻 210日前後が最高

 相ついで発生し巨大な破壊力をもって人命をおびやかし、家をこわし作物を荒らすこのあばれん坊“台風”の正体は…まず台風の生い立ちから考えてみましょう。

台風はどうして起こるか
 日本の南方洋上マーシャル、マリアナ群島付近のぎらぎらと強烈な太陽は「海」を暖め、大量の水蒸気を作ります。やがてこの水蒸気は空中で水に戻り、はげしいスコールとなって降りはじめ、そのさい放出される熱であたり一面の気温が上昇し、水蒸気はまたもふえ入道雲(積乱雲)をつくりあげます。これだけならせいぜい雷鳴をとどろかすだけですが、これに赤道付近で北東貿易風と、南半球から赤道を越えてくる南西季節風とが衝突して“赤道前線”をつくり、そこえさらに地球の自転によってマーショル群島の東方から西に移動している“偏東風”の波が 台風と呼ばれるものは中心の最大風速が毎秒17.5メートル以上のものをいい、海上の表面水温が26-27度以下では発生しません。

■台風の目はどうなっているか
 台風はちょうど茶わんの湯をかきまぜたような渦と似ており、中心に近づくほど風が強いが、中心部ではかえって風のごく弱い部分があります。これを”台風の目“といい、円形あるいはアメーバー状をしており、その大きさは数十キロメートル以内です。

■210日に台風はくるか
 むかしから210は厄日とされていますが、ここ数十年の統計では210日のその日がとくに台風がくるという結果はでていません。ただこの前後には台風や暴風雨が多いのは事実です。
 台風は1年中ふいているのですが、その道が台湾あたりからだんだん北に移動するので、9月ごろ日本にくるのです。

‐ イラストあり ‐
( イラスト説明 )・・・台風の構造

味覚の秋

‐ 写真あり ‐
( 写真説明 )・・・梨畑(元吉原にて)

商工融資の斡旋 小事業者の利用高まる

 吉原市では5月20日以後、小規模事業者の発展育成を図るために事業資金の斡旋融資を行ってきましたが、関係者の利用は意外に高く現在まで合計1,600万円に達しています。内容は
◇中元資金=申込み件数45件、斡旋融資額1,060万円で昨年の43件、965万円と比較して約10%の増加を示しています。
◇小口事業資金‐8月13日現在で申込件数3件、斡旋融資額570万円で昨年の同期の21件310万円と比較して84%の増加を示し、これは年間を通じての取扱いであるため、さらに今後の利用が予想されます。
◇小口事業資金がこのように好評を得ているのは、この制度が出来てから3年目を迎えて事業者に周知徹底されたことと、借入期間が長期である利便などが主な原因と思われます。この資金についての申込みが多ければ資金枠を拡げることも考えておりますので、この制度を十分に活用して下さい。しかし借入計画は企業の実体にふさわしいものであるということが肝要です。
 なお、金融機関の相談がありましたら商工課へお気軽にお出かけ下さい。

電話料金が変わります 9月30日から

‐ イラストあり ‐
( イラスト説明)・・・でんぽうでんわ

 電話料金が9月30日から別表のように変わります。
◎市外通話の料金は3分経過後は1分単位に
 現在の市外通話はすべて1通話が3分単位であるため、話が4分で終わっても5分で終わっても2通話、つまり6分の料金になります。
9月30日からはこの点が改正され、3分を過ぎるとあとは1分単位に変わり合理的な方法になります。
ちょうどタクシーのメーターと同じしくみになり、3分までの料金は、いままでとほとんど変わりませんので要領よく話しをすませれば通話料金が相当安くなるわけです。

◎通話時間を知らせる音は今までどおり3分ごとに
 3分を過ぎた市外通話の料金は1分単位になりますが、通話時間を知らせる音は1分ごとに出したのでは、折角のムードをこわしてしまうので、これは今までどおり3分ごとに12秒前から6秒間、ピーピーとなります。
◎公衆電話の市外通話料は今までどおり3分単位
 公衆電話をご利用の場合は硬貨を入れて通話する関係上、1分単位では非常にわずらわしいので今まで通り3分単位の料金になります。なお料金は10円、15円、20円というように5円単位になっています。

‐ 図表あり ‐

身障者 戦傷者 無料更生相談 9月12日市体育館で

 身体障害者と戦傷病者の無料診査更生相談を、9月12日午前9時から午後2時まで市体育館で行います。当日は静岡日赤病院の専門医により診査がありますので次の事柄に該当する方は、お気軽にお出かけください。
◇身体各部(眼、耳、口、手足、背骨など)に永続する故障のある方。
◇身体各部に永続する疾患があるため専門医の診断を希望する方(事情により市で費用の相談に応じます)
◇補装具(義手、義足、義眼、補聴器、盲人杖など)を購入したい方、または現在装着しているもので具合の悪い方
◇今度新しく身体障害者手帳の交付申請手続きを希望する方(印鑑持参のこと)
◇その他医療(内科は除く)生活悩みごと一切の相談に応じます
※児童(18才未満)の方もご遠慮なくお出かけください。

9月20から結核健康診断実施 大淵、浮島地区

 吉原市では結核の撲滅を期して全世帯にわたり結核健康診断を実施することになりました。今回は9月20日から10日間大淵、浮島地区を対象に、レントゲン車で巡回して間接撮影、ツベルクリン注射を行います。その判定によって陰性者に対してはB・C・Gの接種を行うことになります。
なお料金は無料です。
(1)該当者
 該当地区(今回はは大淵、浮島地区)の全市民
 但し幼稚園、小、中、高等学校の生徒、官庁、会社などで毎年健康診断を行っている人、また飲食店、接客業などの従事者で、保健所で行っている人は受けなくてもよいことになっています。
(2)日程(カッコ内はツベルクリン判定とBCG接種日で時間は全会場とも2時‐3時までです)

◇9月20日(22日)
 富士本中、西‐大淵二小(10時‐12時)
 八王子本町‐公会堂(2時‐4時)
◇9月21日(23日)
 浮島1、2‐作業所(10時‐12時)※23日は東小
 浮島3作業所(2時―4時)※23日は東小
◇9月22日(24日)
 穴原1、境‐穴原作業所(10時‐12時)
 穴原2‐作業所(2時‐4時)
◇9月23日(25日)
 八王子1‐作業所(10時―11時)
 大富町‐作業所(1時‐2時)
 次郎帳‐作業所(3時‐4時)
◇9月25日(27日)
 大淵3‐公会堂(10時‐11時)
 大淵1‐公会堂(1時‐2時)
 大淵2‐公会堂(3時‐4時)
◇9月26日(28日)
 中野1、2、八王子1−大淵一小(10時‐3時)
◇9月27日(29日)
 大久保‐公会堂(10時‐12時)
 若松町‐作業所(2時‐4時)
◇9月28日(30日)
 落合町‐秋山栄作氏宅(10時‐12時)※30日は片倉作業所
 片倉町‐作業所(2時‐4時)
◇9月29日(10月1日)
 三倉町、末広町‐法蔵寺前(10時‐12時)
 三倉南町、久保町‐市営住宅内(2時‐4時)

“節水”にご協力を

 最近水道の需要が急激に増加し昨年給水された1日平均の量は、約7,000立方メートル(1日最大給水量は約9,500立方メートル)でしたが、現在は12,000から13,000立方メートルの水が給水されています。それにもかかわらず、一部の高台や給水末端地区では、特定の時間になると水の出がわるくなる個所があります。ご承知のとおり水道は公器であり、市民一人一人のものでありますから、このように不便を忍んでいる人々のためにも、無駄な水は使用しないよう節水にご協力ください。
 なお最近防火水槽から、農業用水が盗用されている事例がしばしば発生しています。防火用水は非常事態に対処するために給水されている公用水ですから、許可なくして使用することは固く禁じられています。消火には欠くことの出来ない大切な水を盗用しないようお願いします。

銀杏並木を大切に

‐ イラストあり ‐

 幼年期を迎えた市民会館前通りの銀杏並木は、いまもっとも愛しみを欲する時ですが、最近自動車の乱暴な運転や、心ない人の仕打ちで、この幼い木々を傷つけた悲しい出来事がありました。この並木通りは吉原市唯一のものでありまた日々育ちゆく銀杏の姿は吉原市の進展を象徴するものといえます。富士山を背景に緑が美しく映え、道行く人の心を柔らげることのできる銀杏並木を育てるよう優しくこの成長を見守っていきましょう。