広報よしわら 昭和41年11月に富士市と鷹岡町と合併した吉原市広報紙の全記録

昭和36年 9月15日発行 内容

名誉市民章 大昭和製紙前社長に贈る

去る2月逝去された、郷土の偉人、故斉藤知一郎氏に贈られる、吉原市名誉市民章が、このほど出来上がり、去る8月28日、大昭和製紙社長室で、金子市長から令息の斉藤社長に手渡されました。

-写真あり‐
(写真説明上)・・・写真は名誉市民章の贈呈(大昭和製紙秘書課提供)

市民章の制式
(1)材質は純銀、中央隋円形の部分は金
(2)中央隋円形の外側を巻く波型は青色七宝
(3)旭光は真紅色七宝
(4)三角の山型は緑色七宝、紙ロール型は白色七宝
(5)山型からでるみつまたの葉は淡緑色七宝
(6)Yを型どった真珠は白色七宝
(7)上部吊環の市章は白地に青色七宝これを巻く歯車とそのほかは銀色
(8)絹織布の両端はえび茶色、その内側は青色白色、中央は青色

‐ 写真あり ‐
(写真説明左)・・・写真は名誉市民章

産米改善の標語募集

 静岡県産米改良協会では、次の要領で標語を募集しています。ふるって応募して下さい。
1.内容=県産米の品質を高めるための刈取、調整、乾燥、出荷などの改善事項について広く呼びかけるようなもので、具体的事項をもりこんだものです。
2.応募資格=年令、職業など特別制限しません
3.締切日=9月30日(当日の消印は有効です)
4.字数=30字以内
5.送り先=静岡県追手町・県農産課内・静岡県産米改良協会宛
6.用紙=官製ハガキを使用して下さい(住所、氏名、年令、職業を明記のこと)
7.入選=応募標語のなかから産米改良協会関係者で選考を行い、入選者には賞金又は賞品を贈呈します。

情緒障害児短期治療施設

子供の情操育成施設 大淵地内設置計画進む

吉原市は、県営の児童施設の設置について、国や県と共にいろいろ話を進めていましたが、このたび情緒障害児短期治療施設が市内に建設されることになりました。市では、このような施設にふさわしい環境の絶好の地として、中野町1丁目地内に1万3,000平方メートル(約4,000坪)の土地を提供し、近く工事の着手を待つばかりとなりました。

 この施設は、強度のコンプレックス(愛情の不満感、劣等感など)や精神障害で、正常な感情生活ができず、いつも不安定な状態にある子供(12才未満)を入所させて早くもとの子供らしい精神、心理状態にもどすのがねらい。美しい鉄筋コンクリート造りの建物も来春には完成の予定です。なお、この施設は、全国に三ヵ所(大阪、岡山市)のうち、当市がその一つとして選定されたものです。
 この施設の実現をめざして、関係方面に懇願を重ねていた金子市長は、厚生省の指定がきまったとの知らせに、つぎのような喜びの感想をのべていました。
 「国や県当局の深いご配慮により、当市にこの施設の決定をいただき、心から感謝しています。これを運営する人を選ぶことが今後に残された問題ですがとにかく、このような完備された施設が全国にできて、薄幸な子供たちが一人でも多く救われることを念願してやみません」

第14回 吉原市スポーツ祭

 第14回を迎えた恒例の吉原市スポーツ祭は、23日を中心にして各種目別に開催します。
 開会式は、23日午前7時30分から県立吉原高等学校で行われ、つづいて午前8時15分から各会場にわけて競技が行われます。
 なお、各種目のうち、野球、射撃、つり、中学校陸上競技大会は小雨の場合は実施。庭球相撲排球は雨天の場合は順延スポーツキャスティング山岳の種目は雨天の場合は中止して改めて開催することになっています。
◇23日=庭球(吉原高等学校テニスコート)
籠球(吉原高等学校体育館)柔道(市立体育館)相撲(今泉小学校)剣道(第二中学校体育館)排球(第一中学校バレーコート)射撃(元富士製紙跡)つり(鈴川海岸)ボクシング(吉原小学校講堂)中学校陸上競技大会(吉原高等学校グラウンド)
◇23日、24日=野球(市営球場)
◇24日=卓球(市立体育館)
◇10月1日=スポーツキャスティング(市営球場)
◇10月15日=山岳(玄岳)
◇10月29日=バトミントン(会場未定)

小口事業資金斡旋融資

商工課で毎日受付

 商工課では、銀行その他一般の金融機関との取引が薄く通常の融資が困難と思われる小規模事業者に対して、市内事業者の育成をはかるため低金利の小口事業資金の斡旋融資を行っています。この融資総額は36年度分として500万円、受付期間は来年5月10日までとし、ワクの範囲内で斡旋融資をしていますが、9月1日までの利用状況をみると取扱件数25件、斡旋融資をしていますが、9月1日までの利用状況をみると取扱件数25件、斡旋融資総額400万円にのぼり、この様子では予定のワクをはるかに上回ることが予想されます。もしこのまま申込  なお、この申込みについての詳細は次のとおりです。
1.融資総額=500万円
2.協調金融機関=吉原信用金庫
3.融資対象=(イ)資本金が100万円以下又は常時使用する従業員の数が20人以下の法人及び個人で市内に店舗又は事業所を持ち、6ヶ月以上引続いて同一事業を営んでいること。(ロ)不渡手形の発行により金融機関から取引停止処分、或は信用保証協会の代位弁済を受けていないこと。(ハ)国税及び地方税を滞納していないこと。(ニ)県信用保証協会で定めている業種であること。
4.融資金額=1企業について20万円以内。
5.資金の種類及び期間=運転資金1年以内。設備資金3年以内。
6.金利=日歩二銭三厘
7.保証料=すべて県信用保証協会の保証付融資で保証料は日歩三厘
8.保証人及び担保=原則として連帯保証人1名とし、担保を徴収することもある。
9.申込期間=融資総額を超えない範囲で常時行っています。
10.申込先=商工課
11.対象業種=製造業鉱業・土石採取業・木材伐出業・建設業・物品販売業・物品貸付業・運送業・運送取扱業・通運事業・倉庫業・電気供給業・ガス供給業・医業・歯科医業・獣医業・印刷業・出版業・写真業・旅館業・理容業・美容業・公衆浴場業・広告業・映画興行業 

防火対象物 実態を調査

 消防法の改正と消防法施行令の施行にともない管内(吉原市内)の防火対象物の実態調査を、次の計画に従って実施することになりました。
 この調査は、防火対象物(主に建築物)の実態を把握して、火災の予防や火災による損害を少なくすることを目的とするもので、消防署では、署員を各事業場に派遣して調査を行いますのでご協力下さい。
1.実施機関=9月15日〜12月15日
2.調査対象物=次に掲げる面積以上のもので、一般住居は対象外です。
(1)次に掲げるもの全部=映画館、キャバレーなどの類、遊技場、ダンスホール、重要文化財などの建造物。自治省令で定める舟、車
(2)次に掲げるもので、のべ面積150平方メートル(約50坪)以上のもの=公会堂など待合、料理店の類、飲食店、百貨店、マーケット、旅館、ホテル宿泊所、寄宿舎、下宿、共同住宅、病院、診療所、助産所、養老施設、児童福祉施設、精神薄弱者援護施設、公衆浴場、工場作業所、自動車車庫、駐車場、倉庫
(3)次に掲げるもので、のべ面積300平方メートル(約100坪)以上のもの=小学校、中学校、高等学校、大学、各種学校、図書館、車両の停車場、神社、寺院、教会の類、そのほか(1)(2)(3)に該当しない事業所 3.調査の内容=(1)建築物の工事着手年月日(建築確認年月日もあわせて調査)(2)建築物の竣工年月日、(3)建築物の面積、(4)消防用設備

演劇教室

 教育委員会では、劇団こけし座を招いて、児童生徒の情操陶治と豊かな心情を培うため、去る11日から市内小中学校を対象にして演劇教室を開いています。
▽18日=第一、第二中学校
▽19日=吉原、今泉、伝法各小学校
▽会場=吉原市民会館
▽演劇=コーリヤの冒険

‐ イラストあり ‐

長寿者に贈られた肖像画

 吉原市の敬老会行事は市・社会福祉協議会・婦人会などの協力を得て行われましたが、特に、高令者8人に対しては、肖像画=写真右が、全日本肖像画美術協会(総裁馬堀喜孝氏)から贈られました。
◇肖像画の贈与を受けた長寿者8名=渡辺はる(川尻町2)小林つる(立小路)米山しゅん(鈴川町5)斉藤はる(西比奈町2)及川長蔵(富士見町)荒川為吉(水の上)大石ふみ(鈴川町2)外山なみ(荒田島)

‐ 写真あり ‐

お知らせ

“NHK吉原だより”は毎週木曜日午後3時50分から(静岡第一放送)“無線広報”のお知らせは毎日午前7時45分と午後4時45分。

住所はいつもはっきりと!住所を移動したときは、必ず14日以内に住民登録の届出をいたしましょう。(市民課又は支所へ)

人口の動き(36年7月31日現在)

男 4万1,018人
女 4万1,018人
計 8万2,038人
世帯数 1万6,297世帯