富士市 FUJI CITY Official Site

富士市
広報ふじ > 昭和62年 > 昭和62年4月5日 454号 > 【広報ふじ昭和62年】園芸コーナー

【広報ふじ昭和62年】園芸コーナー

サボテンの移植

 桜の開花期を迎えると、サボテンの植えかえの好期になります。あらかじめ、1週間ぐらい前から水を切って移植に備えます。

《植えかえの方法》
 健全なものは根が鉢いっぱいに広がり、容易に抜けないのが普通です。鉢の縁をたたくようにすると、抜きやすくなります。根についた土はていねいに落とし、長すぎる根や細かい根は、はさみで切りつめて整理します。
 2・3日、日陰に置いて根の切り口を乾かしてから植えつけます。

《培養土の配合》
 用土は、泥気がなく、通気性と排水がよく、そして適度の保水性のあるものが適しています。
 そのためには、いろいろな材料を混合することでそれぞれの欠点が補われ、好結果につながります。
 良い配合例としては、川砂4・赤玉土2・くん炭(もみ殻を焼いたもの)1・腐葉土またはピート2・ボレー粉(または卵の穀を砕いたもの)少量を混ぜ合せたものなどがすすめられます。
 用土は、植えつけ時に幾分湿り気を与えて、よく攪拌(かくはん)しておきます。

《移植後の管理》
 移植後は、暖かいところへ置き、直射日光を避けるためちり紙などを1週間ぐらいかけておきます。
 この間、水やりの必要はありません。最初の水やりは、細かなじょうろで軽く与え、土が沈まないようにします。
水の量は徐々にふやしていきます。

- 図表あり -
添付ファイル
※PDFを初めてご覧になる方は、ソフト(Adobe Reader)のダウンロードが必要です。
「Get Adobe Reader」のボタンをクリックし、説明に従いAdobe Readerをダウンロードして下さい。
Get Adobe Reader
〒417-8601 静岡県富士市永田町1丁目100番地 電話 0545-51-0123 ファクス 0545-51-1456
E-mail kouhou@div.city.fuji.shizuoka.jp